ティスたんのトーラムBLOG

イルーナ戦記を4年余りプレイしてきてトーラムオンラインにブロガーとして殴り込み!主に扱うパラメーターは杖 片手剣/大剣 TECスミス・アルケミーで日々育成奮闘中!やるからには一切の妥協は辞さないつもりでトップブロガーへトーラムでも上り詰める。そんなティスたんのブログです イルーナBLOGも絶対見てね!よろしくです

杖/魔導具の特徴

Today’s topic's

チュートリアルでは難しいというカテゴリに分類されている杖というジャンルですが、その真相はどうなのかを一緒に解明していけたらと思います。

杖は何故難しいとされている?

まず杖の役割をキチンと理解しなくてはなりません。杖で殴り物理ダメージを狙うってのは少々荒業のように思えます。杖はやはり魔法を使いこなすためのツールの1つと考えるのがやはり一般的だと思います。どんな武器にもATKという値は設定されてますがこれほどまでに武器のATK値が物理攻撃に影響しないというのも杖職の特徴なのかなと思います。片手剣/大剣などはSTRで攻撃力【ATK】が伸びたり弓/自動弓はDEXで攻撃力が伸びますし手甲もAGIで攻撃力が伸びます。旋風槍においてもSTRで攻撃力が伸びます。そう…物理攻撃威力が該当するステータス箇所にステータスptに振り分ければ目に見える形で攻撃威力が上昇していくんです。ところが杖はそうではありません…どれだけINTに振ったところで杖で敵を殴っても、ん??って感じになるだけ。つまり何が言いたいかというと魔法を打ってナンボってことです。物理職の育成と結果を見ると武器を装備→相性のよいステータスにステータスptを振り分ける→攻撃する→ステータスに振り分けた結果がダメージで分かる。これに対して杖に関しては魔法を使わない限りは大きな結果は現れません。そして序盤では強力なスキルもなく物理ダメージ依存になったり、初期スキルで攻撃ということになりますが、魔法の詠唱も長い、直ぐにMP枯渇する、敵にひるまされたら魔法詠唱ストップといったデメリットが目立つ分、序盤において杖は難しい…こう言われてるわけです。

スキルによって性能が変わる

杖と魔道具の大きな違いとしては、スキルを使用した際に杖だと転倒付与◯%、魔道具だと範囲+2mといったように使うスキルも装備する種類によって性能が変わるということです。

 

また追記情報あり次第追加していきます。